元気もりもり山森農園

経営理念

  • お客さんに喜ばれる野菜を提供すること
  • 安全、安心、公正、効率的な農業の創造

経営理念実現のために

おいしい野菜をお届けするために

  • 「品種」の特徴を生かす栽培
  • 「旬」を守った適期作業
  • 「鮮度」を生かすオペレーション
  • 「土づくり」へのこだわり
  •  変化への対応と基本の徹底

安全、安心、公正な農業を創造するために

  • GAP(適正農業規範)の遵守
  • 多様な人材が活躍できる職場
  • 持続可能な経営管理

農園のある三浦半島

神奈川県三浦市は三方を太平洋、東京湾、相模湾に囲まれた、温暖で潮風が吹き抜ける場所です。私たちが育てている野菜は温暖な気候の下で太陽と潮風を受けながら成長します。古くから「三浦大根」に代表される大根とキャベツ、スイカなどの生産地として現在に引き継がれています。冬は雪が降ることが少なく比較的温暖で、丘陵が多く起伏に富んだ土地は、水はけがよく野菜の成長を手助けしますが、一方で不整形で狭小な土地が多く、効率が良いとは言えない環境でもあります。そんな特徴を工夫や挑戦をしながら良質な野菜をお客様に提供することを目指しています。

会社概要

法人名:株式会社元気もりもり山森農園

代表取締役:山森壮太

設立:2010年6月16日

所在地:神奈川県三浦市南下浦町金田(「三浦霊園」すぐそば)

耕地面積:3.0ha(うち施設0.2ha)

生産品目:大根、ニンジン、キャベツ、スイカ、玉ねぎ、パプリカ、他(合計年10品目)